​- Ingredient Benefits  -

​- 成分効能 -

アボカド:

肌の保湿ケアにとても効果があります。また浸透力があり、肌に馴染みやすい性質のため体全体のケアに向いております。アボカドオイルは刺激が少なく、敏感肌・乾燥肌の方のスキンケアにも向いております。

 

アンズ:

乾燥肌やかゆみを伴う敏感肌、くすんだ肌などを改善したいときにおすすめです。肌にすばやく浸透し潤いを与える効果があるので、スキンケアに用いれば肌をしっとりなめらかな状態に導くことが期待できます。また、細胞の酸化を抑える抗酸化作用に優れたβ-カロテンも豊富に含むため、シワやたるみといった老化の予防や防止を助ける働きも期待できます。

 

オレンジ:

オレンジ果皮油には、フラボノイドとビタミンA、B、CとEが含まれており、乾燥肌の改善や美白に効果があり、肌をきめ細かく整えてくれると言われています。ニキビなどの肌荒れにも効果を発揮します。ハリやツヤを与え、健康な肌に導く力があります。


カカオ:

カカオバターには抗酸化作用のあるパルミチン酸や高い保湿効果のあるオレイン酸が多く含まれております。そのためシワの防止や老化防止に効果が期待できます。

 

シアバター:

全身にリッチな保湿を与えてくれるシアバター。人の皮脂とよく似た性質を持つため浸透力も抜群。乾燥からしっかり保湿してくれる成分です。

 

シトロネラ:

虫が嫌いな香りのハーブとして知られるシトロネラ(ティーツリー)。気分が落ち込んでいたり、不安感が胸をいっぱいにしている時などに、癒しを得ながら、虫たちが嫌いな香りを広げられるのはエッセンシャルオイルならではのとても嬉しい魅力です。魅力たっぷりのシトロネラを上手に活用して、春夏のシーズンを快適に楽しく過ごしていきましょう。

 

ティーツリー:

殺菌力が強いので、ニキビなどが気になる方に人気の成分です。洗い上がりもさっぱり。

 

ニオイテンジク(ゼラニウム):

自律神経のバランスを調整する効果により、ストレス性の不調に効果的です。皮脂バランスを調整する作用があり、乾燥肌と脂性肌のどちらとも使え、肌に潤いを与えるのに効果があります。

 

ネロリ:

肌の保湿ケアにとても効果があります。刺激が少なく、敏感肌・乾燥肌の方のスキンケアにも向いております。また皮膚の新陳代謝を促す効果があるため、老化防止が期待できます。

 

パームオイル:

アルミリン酸とオレイン酸が多く含まれており、保湿や老化防止に効果があります。

 

フランキンセンス:

世界的に最も歴史のある薫香の一つで、特にアンチエイジングが優れている精油です。皮膚の再生を活性化してくれる効果があります。不安や緊張、恐怖などの心の乱れを落ち着かせ、呼吸を整えてくれます。

 

プロポリス:

天然の抗菌物質と呼ばれるほど抗菌力が優れており、お肌に油分を補いながら保護し、キメを整え刺激やダメージからお肌を守りながら艶と潤いを与える働きをします。

 

ペパーミントプレミアム:

シャキッとした香りによる刺激効果で、頭をすっきりリフレッシュしてくれます。集中力をアップしたいとき、気分転換したいときにオススメです。

 

ベルガモット:

情緒が不安定なときに役立つ精油です。怒りやストレスなどの不の感情を和らげて、気持ちを落ち着かせてくれます。また、不安や憂うつなどの落ち込んできるときに元気を与えてくれます。不眠にも効果的です。ストレス性の肌トラブルに優れた効果を発揮します

 

ホホバ:

オイルのなかでも群を抜いて刺激が少なく、高い保湿力、浸透力を持ち、お肌を健康に保ち、うつくしさを助ける働きがあります。

 

マヌカハニー:

他のはちみつと比べ、殺菌力がとても強くニキビの気になる方などにも向いております。また高い保湿力により、

お肌の乾燥も防いでくれます。

 

ミツロウ:

ハチミツのような独特の甘い香りを持つ天然ワックスです、お口に入れても安心な、肌にやさしい素材です。化粧品に柔らかい感触を与え、安心・安全なだけでなく、すぐれた乳化剤としての効果をもっています。肌や唇をしっとりとやわらかくする効果があり、保湿成分としてもかなり優秀な成分です。

 

ラベンダー:

リラックス効果でよく知られているラベンダーは「万能の精油」と呼ばれるほど多様な効果があり、気持ちを落ち着かせたいときやリラックスしたいとき、ぐっすり眠りたいとき、イライラしているときなどにオススメです。

 

レモン:

レモンエッセンシャルオイルは、気分を明るくリフレッシュして、意識を冴えわたらせてくれます。集中力、記憶力を発揮したい場面でも力強い支えになってくれるレモンは、スキンケアにも効果が期待され、余分な皮脂分泌を抑え、皮膚の環境を整えます。

 

レモングラス:

レモングラスは胃の働きを助けて消化を促進し、脂肪の分解を促す作用もあるといわれています。食べ過ぎて胃もたれしたときや胸やけのするときなど、レモングラスのハーブティーがおすすめです。ほかにも、このハーブには血行を促進し、貧血を予防する効果があるといわれています。★注意★妊娠中の人は使用を避けてください。

 

ローズマリー:

細胞の老化を防止する抗酸化作用があることから、「若返りのハーブ」とも呼ばれてきました。ローズマリーには記憶力や集中力を高める作用があるとされ、強壮薬、刺激薬としても高い評価を受けてきました。精神を高揚させ、軽い鬱病を和らげる効果もあるといわれています。また、血管を強くし、血行をうながし、消化機能を高めることで新陳代謝を促進します。